MENU
BIZLAW BIZLAW
Powerd by LexisNexis®
BIZLAW
BIZLAW Powerd by LexisNexis®

RSS
Google+
Twitter
Facebook
HOME

ロースクールインタビュー
横浜国立大学

yokohama_law_01_01_logo01

ロースクールインタビュー<横浜国立大学> 第3回

 近年、司法試験の合格率の低迷、一部の大学への一極集中化など、全国の法科大学院は厳しい状況に置かれています。他方、魅力的な教育プログラムを用意し、法曹界で活躍する卒業生を多数輩出する大学も多くあります。
 横浜国立大学は、国際的な地域性に加えて、神奈川県弁護士会との包括連携協定を元に、理論と実務を架橋する実践的教育に特徴があります。
 横浜国立大学実務家教員の飯島奈津子氏を司会に、法曹実務専攻長の芳賀良氏、神奈川県弁護士会法科大学院支援委員会副会長の髙岡俊之氏、卒業生の渡辺翔太氏の4名による対談形式で、横浜国立大学法科大学院の魅力について伺いました。(インタビュイーのプロフィールはこちら



 関連記事
  ロースクールインタビュー<横浜国立大学> 第1回
  ロースクールインタビュー<横浜国立大学> 第2回



理系出身者、社会人、そして女性の活躍

yokohama_law_image05

芳賀 法科大学院で学ぶ人はいろんなバックグラウンドの方がいらっしゃいます。近年、理系学部出身者で社会人としてお仕事をしていた方が、横浜国大に純粋未修者として入学し、一から勉強して合格したケースもありますね。

飯島 法律は、物差しであり、言語であり、道具です。その器にどんな中身を入れるか。実務では、理系の知識なしに、過失の問題など法律的な要件の具体的内容に関する検討ができない場面がたくさんあります。法律以外の専門分野を持った上で、法律的な議論をする力を身につけた人が活躍しているのを見ると、すごく強いなと感じます。

髙岡 法科大学院の一番良い所は、他職経験者、つまり一度社会人を経験した人も入学しやすいことですね。我々の時代、仕事を辞めて背水の陣を敷いて司法試験合格を目指すということは、なかなかできませんでした。しかし法科大学院という仕組みができたお陰で、一度社会に出たのち、安心して3年間教育を受けて司法試験に合格する、という人が増えました。
 私の事務所にも、社会人経験のある弁護士がいますが、そういう人は、時間の使い方がすごく上手だなと感じています。

飯島 女性として申し上げると、弁護士は資格職なので、子どもが小さく執務時間が短い時も、全体の質を落とさずにライフステージに合わせて量を調整できるのが、良い点です。夜中まで働くことはできなくても、仕事を続けることで経験値を増やし、スキルアップできると思います。
 もちろんその前提として、所属する法律事務所の理解を得ることは必要ですが、神奈川は子育てをしている女性弁護士に理解を得やすい風土があるので、イキイキと活躍している女性弁護士が多いのだと思います。


国際的な視野で法学を学ぶ

芳賀 横浜国大の法科大学院は、神奈川弁護士会との連携という特徴にくわえ、国際性という点が挙げられます。本学の特色として、神奈川県には定住なさっている外国人の方々が多くいらっしゃるので、その方たちが関わる法律問題も授業のテーマとしています。

飯島 平成28年度から新たに始まった地域課題法学演習では、県内の外国人の人権をどう守っていくかという点にフォーカスしています。今や、一般市民が外国人との縁なく、日本人のみに囲まれて生活する社会ではなくなっています。横浜国大で学ぶなかでも、それを感じ取ることができるでしょう。横浜国大の学生は、ビジネス法の側面だけでなく、人々の暮らしも含めて、国際的な視野で学習することができるのです。


髙岡 弁護士は、人の不幸で仕事を得る職業ともいえます。それだけ高いプロフェッショナルとしての意識が必要な仕事だと思います。

渡辺 卒業した時に、当時の実務家教員の先生から「弁護士は、人の精神的な負担やストレスを肩代わりする仕事」だと教わりました。弁護士5年目に入って、まさにその通りだと実感しています。肩代わりすることによって、楽になる依頼者の方々を目にしていると、本当にやりがいのある仕事だと感じます。

飯島 肩代わりするとともに、相談者自身の問題として向き合ってもらうように元気づけることも大切ですね。弁護士が本人に代わって全部判断できるわけではないので、自身で解決できるようお手伝いする。
 たとえば、同じ金額を得たとしても、満足する人と不満な人がいます。それは、その人がそのお金にどれ程の意味と納得を込めたのか、というプロセスによっても変わってきます。自分で選んで納得していただけるように、そのプロセスを一緒に作っていける弁護士になりたいですね。


これから法律を学ぼうという方へ

芳賀 繰り返しになりますが、本学のコンセプトは、地域に根差した法曹を養成すること、横浜らしい国際性を備えた人材を養成することです。神奈川県弁護士会と共に歩み、理論と実務を架橋する教育を実践していきたいと考えています。本学の教育に関心を抱いた方々に、本学への進学を考えていただければ幸いです。




取材・編集:新川量子
写真:伊藤玲



yokohama_law_image01

(場所:神奈川弁護士会館  左から、芳賀良氏、渡辺翔太氏、飯島奈津子氏、髙岡俊之氏)

Profile

芳賀 良(はが りょう)
[横浜国立大学大学院国際社会科学府法曹実務専攻長]

【1990年青山学院大学法学研究科修士課程修了。専門分野は、商法・金融商品取引法。


飯島 奈津子(いいじま なつこ)
[横浜国立大学法科大学院実務家教員]

1996年年東京大学法学部卒業。1999年弁護士登録(神奈川県弁護士会)。よこはま山下町法律事務所所長。民事・家事一般事件を多く手がけるとともに、子どもの権利擁護のための活動に取り組んでおり、神奈川県弁護士会子どもの権利委員会委員長。横浜国立大学法科大学院では2010年から講義を担当。


髙岡 俊之(たかおか としゆき)
[神奈川県弁護士会法科大学院支援委員会副会長]

1986年中央大学法学部政治学科卒業。1996年弁護士登録(神奈川県弁護士会)。1999年横浜ベイサイド法律事務所開設。2012年度神奈川県弁護士会副会長。専門分野は、金融法務、企業法務、不動産関係事件、遺言・相続、離婚など。


渡辺 翔太(わたなべ しょうた)
[横浜国立大学法科大学院修了生]

2006年東京大学経済学部卒業。2011年横浜国立大学大学院国際社会科学研究科法曹実務専攻修了。2012年弁護士登録(神奈川県弁護士会)。2013年横浜綜合法律事務所入所。専門分野は、企業法務、遺言・相続、労働問題、交通事故、夫婦問題、刑事事件など。




ページトップ