MENU
BIZLAW BIZLAW
Powerd by LexisNexis®
BIZLAW
BIZLAW Powerd by LexisNexis®

RSS
Google+
Twitter
Facebook
HOME

-最終回-
さあ、「知財英語」で話そう

エスキューブ(株)代表取締役・エスキューブ国際特許事務所所長
知財経営コンサルタント・弁理士 田中 康子

ipenglish_main

さあ、「知財英語」で話そう 最終回

いまや「知財」は事業戦略の柱、そして「英語」はビジネスの要。「知財英語コミュニケーション」は、知財部員や弁理士だけでなく、法務部員、研究者、エンジニア、技術営業、弁護士等々、世界を相手に仕事をするグローバル人財にとって必要なスキルなのです。ところが「知財英語」は、知財や契約に関する法律用語の他、技術に関するテクニカルワードも含むため、英会話教室ではなかなか学ぶことができません。
これまで「知財英語コミュニケーション」を身につけるためのエッセンスをお届けしてきたこの連載、最終回はその総まとめを行います。

 


 関連記事
  さあ、「知財英語」で話そう 第1回 知財英語コミュニケーションとは何か? 
  さあ、「知財英語」で話そう 第2回 知財英語プレゼンテーション1 
  さあ、「知財英語」で話そう 第3回(前編) 知財英語プレゼンテーション2 Main body 
  さあ、「知財英語」で話そう 第3回(後編) 知財英語プレゼンテーション2 Annex Main body 
  さあ、「知財英語」で話そう 第4回 知財英語ディスカッション1 
  さあ、「知財英語」で話そう 第5回 知財英語ディスカッション2 
  さあ、「知財英語」で話そう 第6回(前編) 現地代理人とのコミュニケーション1 
  さあ、「知財英語」で話そう 第6回(後編) 現地代理人とのコミュニケーション2 



知財英語のエッセンスを振り返る

「知財英語コミュニケーション」は、企業の知財部員や弁理士が、海外企業・関係会社、あるいは現地の特許代理人とビジネスをする際に英語で行うコミュニケーションであり、筆者が米国系企業知財部門での勤務経験を通して創り出した概念である。

グローバルにビジネスを行う組織において、最も世界中の色々な国の人と仕事を行う部署は知財部門だと思う。法務部門の仕事は、国内法に基づく実務なので、グローバル企業であっても各国ごとのドメスティックな仕事となるし、海外事業部の様な部署も、例えば、北米、欧州、アジアの様に、担当する特定の国や地域に対する業務に留まることが多いのではないだろうか。そんな中で、一つの発明を、ビジネスを行う国々で権利化し活用する知財部門の仕事は、世界を土俵とする壮大なグローバルビジネスなのである。

そして知財英語コミュニケーションは、第1回でご紹介したように、specification(特許明細書)、patent application(特許出願)、application patent(用途特許)の様な辞書にない用語を使用するという側面はあるものの、この部分を除けば「グローバルに通用する英語によるビジネスコミュニケーション」といえる。したがって、知財英語コミュニケーションスキルを身に付ければ、世界のどこでも、誰とでも、日本で仕事をするのと変わらず活躍できるグローバル人財になれる。

さて、最終回となる今回は、これまでの全8編を振り返りながら、知財英語コミュニケーションを身に付けるためのエッセンスをまとめていきたい。


プレゼンテーションはすべてのスキルを総合したオールラウンドプレーヤー

第2回第3回(前編)第3回(後編)で紹介した知財英語プレゼンテーションでは、プレゼンテーションをStarting, Main Body, Closing, Dealing with questionsの4つのパートに分けて解説した。
ここで知財特有の用語や知識が必要になるのはMain Bodyのみで、これ以外の3つのパートは分野を問わずに活用できる。
さらにプレゼンテーションには、資料を作成する際の『ライティングスキル』、人前で話す『スピーキングスキル』、質疑応答の際の『リスニングスキル』と『ディスカッションスキル』、さらにプレゼンテーションを進行する『ファシリテーションスキル』も含まれる。

さらに、第3回(前編)で紹介した『Main Bodyのポイント』

 1) Who is the audience? (聴衆は誰か)
 2) What is your message? (伝えたいことは何か)
 3) Order of contents (話す順番=構成)

は、英語のみならず日本語でプレゼンテーションする場合にも共通するポイントである。
つまり「知財英語プレゼンテーション」は、英語のスキルだけでなく日本語でプレゼンテーションする場合にも活用できるのである。
英語でプレゼンテーションする機会はない、という人も、資料作成から質疑応答までを経験すれば、日本語か英語かを問わず、ライティング、スピーキング、リスニング、ディスカッション、ファシリテーションすべてのスキルを磨くことができる。


リスニングが物を言う知財英語ディスカッション

第4回では、英語によるディスカッションには、次の3つのステップが含まれるという話をした。

 1) 相手の言う英語を聴きとるステップ(listening)
 2) 相手の言うことを理解して自分の主張を考えるステップ(analyzing)
 3) 自分の主張をするステップ(speaking)

筆者がネイティブスピーカーとディスカッションする際、「相手が何を言っているかを聴きとって理解すること」が最も重要だと感じる。相手の話が聴き取れさえすれば、自分の考えをまとめることができる。その後すぐに英語でカッコよく自分の主張をできるようになるには少し時間がかかるが、自分の考えがまとまっていれば、最初は英単語の羅列に身振り手振りを加え、時には図を書いたりしてなんとか伝えることはできる。よって、まずはリスニングスキルを鍛えることをお勧めする。

では、リスニングスキルを鍛えるにはどうすればよいか。
第4回で紹介したように、知らない単語は聴き取れないし、発音やイントネーションを知らない単語も聴き取れない。そこでまずボキャブラリーを増やす必要があるが、日本人は英単語とその意味を覚えるのは得意なので、キーになるのはむしろ、発音とイントネーションである。自分で発音できる単語、ネイティブ風のイントネーションで喋れるフレーズは必ず聴き取れる。ネイティブ風には出来なかったとしても、だいたいの発音とイントネーションを耳で覚えていれば聴き取れるようになってくる。
ただし、発音を耳でなく目で、つまりカタカナで覚えていると、いつまでたっても聴き取れない。さらにカタカナ読みで発音すると、ネイティブには理解されない。

例えば、declaration(宣誓供述書)は、米国人の発音だと、到底デクラレーションとは聴こえないし、こちらがデクラレーションと言ってもわかってもらえない。どのような発音になるか、カタカナではお伝えしづらいが、『デコ・レーション』の様な発音になる。アクセントは、「レ」の頭の方に来るイメージである。
よりなじみのある例としては、circle(円)がある。カタカナ読みでサークルと言うと一生通じない。これもカタカナではお伝えしづらいが、『スゥーコゥ』と言えば一発で通じる。アクセントは「ス」のお尻の方に来るイメージである。

ネイティブの発音とイントネーションを耳で覚える身近な方法としておすすめは、ドラマや映画を、日本語字幕にして英語で観る(聴く)ことである。好きな映画をスマートフォンやタブレットにダウンロードして、繰り返し聴き、セリフを真似て発音してみるとよい。ちなみに、ドラマや映画のセリフを、耳で覚えてそのまま発音すると、面白いように通じる。自信につながるので、どんどんトライしてほしい。飲みに行った時に使える「Another round?」(おかわりは?/もう一杯どうですか?)なんかは、トライしやすいのでは?


コストカットにつながる現地代理人とのコミュニケーション

第6回の前編後編で、現地代理人とのコミュニケーションについて紹介した。
特許事務所の弁理士を含め、知財の世界で仕事をする場合に避けて通れないのが、各国の特許弁護士や弁理士という特許代理人(現地代理人)とのコミュニケーションであろう。「自分はうまくコミュニケーションできている」と思っている人も少なくないと思う。
ところが本連載で何度か指摘したように、そうとばかりも言えないと思っている。現地代理人は平均的なビジネスパーソンに比べて格段に優秀、かつこちらはクライアントなので、至れり尽くせりの対応をしてくれ、その結果こちらの言うことを理解していないとは感じさせないのである。

ところが、外国特許庁の審査官の物分かりが悪くて何度もオフィスアクション(米国で特許出願をした場合に、審査官が特許出願を審査して特許を付与できないと判断した場合に、出願人に特許を付与できない理由(拒絶理由)を通知する米国特許商標庁が行うアクションのこと)が来るとか、現地代理人からの返事が的を射ないことのほとんどは、ミスコミュニケーションが原因だと考えている。指示レターやメールの英語が文法的に正しくてもネイティブスピーカーが読むと意味が通じないことは少なくない。さらに直接会って打合せをする場合も、日本語の単語をそのまま英語に置き換えた日本語的な表現や、日本文化に基づく表現は、こちらが意図する通りには理解されていないことがあるのだ。

日々のコミュニケーションで、より確実な意思疎通を行い、さらに、直接会って話をする機会も活かして意思疎通ができれば、オフィスアクションの数を減らしコストカットにつなげられる。例えば、一回のオフィスアクションにかかる代理人費用を約50万円と見積もったとして、年に100件のオフィスアクションの一割(10件)を減らすことができれば、年間500万円のコストカットを達成できる。


知財英語コミュニケーションのスキルアップ

この連載を始めてから、「どうすればコミュニケーションスキルが身につきますか?」という声と共に、「私は英語が苦手だから、知財英語コミュニケーションなんてまだまだです」という声を聴くようになった。
皆さん真面目に難しく考え過ぎである。

知財英語コミュニケーションのスキルアップは、何か「自分の好きなことを自分のライフスタイルに合わせて」続ければ、難しいことではないと思っている。方法論をしっかり学ばなければ、スキルアップできないと考える日本人は多いようだが、「スキル」を磨くには実践あるのみ。
特に、英語はコミュニケーションのための「ツール」なので、日々実践して身に付けることが必要だ。例えば、この連載を読む(黙読する)だけはなく、例文を声に出して読む、プレゼンテーションのスクリプトを利用して一人プレゼンテーションをやってみる、あるいは同僚や友人と、模擬Teleconferenceをやってみる等、「眼と頭」以外を動かして実践して欲しい。ただ、すぐには身に付かないので、あきらめずにコツコツ続ける必要がある。そうしていると、「ある日」突然雪だるま式に急激にスキルアップすることを感じる日がやってくる。そうなれば、スキルアップし続ける自分を止められなくなる。「ある日」がやってくるまでの辛抱だ。

ちなみに筆者がスキルアップのために(というか、もはや趣味)続けているのは、海外ドラマ鑑賞とネイティブスピーカーとの英語レッスンである。
海外ドラマのお気に入りは、

 Law & Order
 NCIS
 Dr. House (House M.D.)
 Sex and the City
 The Closer
 Major Crimes
 Homeland
 Elementary
 Castle
 Rizzoli and Isles
 Little House on the Prairie

等である。ネイティブスピーカーとの英語レッスンは、米国系企業に入社後からかれこれ12年になる。2週間に1度スタバで、カナダ人の先生と1時間ほどレッスンしている。レッスンと言ってもテキストなどなく、自分が書いたメールやプレゼンテーション資料の添削をしてもらったり、英文のニュースを題材にディスカッションしたりしながら、ネイティブが使う英語らしい表現を教えてもらっている。


最後に

知財分野のみならず、グローバル人財の育成が叫ばれて久しい。今後2020年の東京オリンピックに向け日本全体がさらにグローバル化していく中で、世界のどこでも、誰とでも、日本で仕事をするのと変わらず活躍できるグローバル人財がますます必要とされるだろう。 この連載をきっかけに、一人でも多くの読者の皆さんが「グローバルに通用する英語によるビジネスコミュニケーション」を身に付け、世界を土俵として活躍されることを祈念してやまない。

さあ、「知財英語」で話そう。




編集/八島心平(BIZLAW)

田中 康子

Profile

田中 康子エスキューブ(株)代表取締役・エスキューブ国際特許事務所所長
知財経営コンサルタント・弁理士]

1990年千葉大学理学部卒業。1990年より 帝人株式会社 知的財産部。2005年より ファイザー株式会社 知的財産部、2006年住友スリーエム株式会社 知的財産部。 2013年4月 エスキューブ株式会社を設立。2013年8月エスキューブ国際特許事務所を設立。2015/2016年度 日本弁理士会 知財経営コンサルティング委員会 委員長、現在同知的財産経営センター 副センター長。




ページトップ