MENU
BIZLAW BIZLAW
Powerd by LexisNexis®
BIZLAW
BIZLAW Powerd by LexisNexis®

RSS
Google+
Twitter
Facebook
HOME

『クラウド情報管理の法律実務』

bookguide_011

『クラウド情報管理の法律実務』 松尾剛行 著/弘文堂 2016年9月

Editor’s Book Guide 第11回

「BIZLAW」を運営するレクシスネクシス・ジャパンには、リーガル専門誌「Business Law Journal」、法令・判例・行政基準データベース「ASONE」、『企業法務のセオリー』等の実用的法律書籍、そして「BIZLAW」の4つの編集部があります。Editor’s Book Guideでは、各編集部エディターが選んだおすすめの一冊をご紹介します。



 企業におけるクラウドの導入・利用という場面を想定し、そこに生じる様々なリスクと、それらに対応するために必要な法務知識を「情報管理」の観点からわかりやすく整理、解説した書籍『クラウド情報管理の法律実務』が刊行されました。

 さまざまなビジネスシーンで情報共有のメリットを感じることが当たり前になった昨今、インターネットを通じたネットワークは、情報共有のインフラとしては勿論、顧客サービス上でも欠かせない存在になっています。そして、そのインフラの形態も進化し続け、サーバの仮想化といった物理的な面だけでなく、低廉な利用料やシステム構築・保守の容易さなど、さまざまなメリットの多いクラウドサービスが注目されています。

 本書は、そんなクラウドサービスについて、そもそもクラウドとは何かといった初歩的な疑問をはじめ、クラウドサービスの契約内容・締結上の留意点や事故・損害への対応方法など、法的な視点で実務をサポートする内容です。注目される分野であるからこそ、これから起こりうる問題やリスクに備えるために、必携の一冊です。


編集担当者からメッセージをいただきました

《情報漏えい・消失等の事故が起きてから慌てるのでは遅い。「平時」から情報管理体制を構築し、クラウドならではのリスクを見極めつつ対応を事前に準備しておくことに尽きる》というのが、IT企業法務の現場を知悉している著者が本書に込めた一番のメッセージです。クラウド利用が当たり前となるこれからの企業法務において、担当者の方々には必読の内容です。

(弘文堂 編集担当 登)


写真・文 木村寛明(Bizlaw)


クラウド情報管理の法律実務

著 者 :松尾 剛行
出版社 :弘文堂(2016年9月)
判型  :A5 並製 340ページ
ISBN   :978-4-335-35681-0
定価  :本体3,500円+税



この連載記事を読む
 Editor’s Book Guide




ページトップ