MENU
BIZLAW BIZLAW
Powerd by LexisNexis®
BIZLAW
BIZLAW Powerd by LexisNexis®

RSS
Google+
Twitter
Facebook
HOME

『ともにがんばりましょう』

_MG_5301

(塩田武士/講談社 2012年7月)

Editor’s Book Guide 第2回

「Bizlaw」を運営するレクシスネクシス・ジャパンには、ビジネスパーソンのためのリーガル専門誌「Business law Journal」、判例データベース「ASONE」、『企業法務のセオリー』等の実用的法律書籍、そして「Bizlaw」の4つのメディアごとに編集部があります。Editor’s book guideでは、若手リーガルパーソンのために各編集部エディターが選んだ選りすぐりの一冊をご紹介します。



 池井戸潤氏の半沢シリーズで企業小説が活況ですが、そのなかでも少し変り種を。地方新聞で若手記者として働く、あがり症で自己表現ができない主人公が、上司の強引な誘いから労働組合執行部に加わり、個性の強い面々に押されながら、経営陣との交渉を経て成長していく――。と書くと、ありがちな内容と思われるかもしれませんが、本書の注目点は元神戸新聞の記者が自身の体験を元に執筆していること。

 労働組合に対する若手社員の倦怠感や、経営陣の交渉に対する反論、過去の労災事故、老練な組合委員長の思いなど、鋭い観察眼による細やかな描写で1つ1つのエピソードが胸に刺さります。

 “労働”とは何か振り返りたいときの読み物として。(書籍編集部・亀田)


amazon




関連記事
 Editor’s Book Guide 第1回 『なめらかな社会とその敵』(鈴木健/ 勁草書房 2013年1月)






ページトップ